教室はきちんと手入れが行き届いている?意欲を維持したいなら環境に目を向けよう

席による居心地の違い

体験入塾を通じて塾の魅力を確認したい時には、どの席に座っても快適に勉強できるか確かめる事をおすすめします。後ろの席に座っていると照明器具の明かりが届かなくて、教科書の文字が読みにくく感じるような塾は要注意です。どの席でもストレスなく勉強を続けられるように、手入れが行き届いている塾であれば教科書が読みにくいと感じる事はありません。椅子に座った時にギシギシという音が鳴ってしまう場合も、物音が原因で勉強に意識を集中できない可能性があります。生徒が勉強に集中できるように気を配っている塾であれば、椅子のパーツが少し弱っていると感じた段階でも椅子を交換してくれます。手入れが行き届いているか確認してから、入塾の申請を出すのが成績を伸ばすコツです。

エアコンから発生する臭いに注意

エアコンが設置している塾だから季節を問わず快適に勉強できるはずだと考えて、体験入塾もせずに入塾の申請を出してしまうのは危険です。エアコンの掃除などの手入れが行き届いていない塾は、エアコンから異臭が発生して気持ち悪く感じる事もあります。臭いを我慢しているだけでも勉強に意識が集中できず、ストレスが溜まる事になりかねません。精神的な負担を受けるだけでなく、大量に発生したカビが原因で健康的な被害を受ける場合もあります。夏場にエアコンの温度設定が低すぎて、風邪を引かないか心配になる塾も要注意で、健康的に勉強を続けられるか意識している塾が理想的です。臭いや騒音も気にせずに勉強ができて、講師の対応力にも満足できる塾を選ぶ事をおすすめします。

中学生の塾には、主に集団指導塾と個別指導塾があります。友達と切磋琢磨するなら集団、先生にわからないところをゆっくり聞きたいなら個別といったように自分に合った塾を選ぶことがオススメです。